ライフプラン

ECCビジネススクールFP講座の特徴を徹底解説!メリット・デメリットは?

よっしー
よっしー
どうもー!よっしーです。

 

僕は現在、ファイナンシャルプランナー3級の資格取得に向けて勉強中です。
勉強を始めるにあたり、色々と調べてみると通信講座だけでもたくさんの会社の教材があり、数ある講座の中からどの講座を選べば良いか、、悩む方も多いと思います。

僕自身は、費用、自分の学習スタイル、FP2級取得のために必要な時間などを考慮して「スタディング」のFP3級講座で勉強を始めましたが、手厚いサポートと豊富な教材内容を提供している「フォーサイト」や「ECCビジネススクール」、知名度の高い「ユーキャン」などの大手3社のFP講座を受講するかどうかを最後まで悩みました。

そこで今回は、ECCビジネススクールのファイナンシャルプランナー講座について、「どんな人に合っているか?」「メリットとデメリットは何か?」などを含めてその特徴をまとめていきたいと思います。

僕がスタディングのFP講座を選んだ理由をまとめた記事はこちらです。
興味があれば読んでみてください。

あわせて読みたい
ファイナンシャルプランナーの資格取得に向けて選んだ通信講座は? 今日は最近勉強し始めたファイナンシャルプランナー(通称:FP)の資格取得に向けて僕が選んだ教材について紹介したいと思いま...

ファイナンシャルプランナー通信講座を選ぶポイント

まずは、ファイナンシャルプランナー通信講座を選ぶ上で、必ず考慮すべきポイントを挙げてみましょう。

だいたい下記のような項目をチェックすると良いと思います。

  • 費用
  • 合格率
  • 日本FP協会認定の教育機関であるか
  • 学習スタイル
  • 質問に対する対サポート体制
  • 受講期間
  • 一般教育訓練給付の対象講座であるか

 

それではこのようなチェック項目がECCビジネススクールのファイナンシャルプランナー講座ではどのようになっているか、解説していきましょう!

ECCビジネススクールFP講座の受講費用

まず、何と言っても重要なのは「費用」ですよね。

FP2級を目指す通信講座の相場はだいたい6万円前後です。

各社のFP通信講座の費用を比較した記事もありますので、こちらも是非参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい
FP資格取得にかかる費用は?人気通信講座4社の費用を比較してみた 僕は現在、ファイナンシャルプランナー3級の資格取得に向けて勉強している最中です。3級は独学で合格する方も多いと言われてい...

 

そしてECCビジネススクールのFP通信講座の費用はこんな感じです。
概ね相場と同程度の価格設定になっていますね。
時期によって割引サービスが実施されているので、割引対象期間中に申し込むのがオススメです。(※2020年7月3日現在、2021年1月試験に向けた講座費用です)

講座名 費用
AFP+2級FP技能士コース 59,800円
AFP+2級FP技能士講座+試験直前対策講座+予想模試コース 77,600円 → 69,800円

 

ちなみに多くの通信講座は6月末までに受講申し込みをすると割引される期間限定サービスを実施していました。ECCビジネススクールも、上記2つのコースがいずれも記載している価格よりも1万円安くなっていました。

資格取得を急ぐ方、1万円という費用の差を気にしない方は時期を選ばず申し込みされて良いと思いますが、そうではない方は割引対象期間中に申し込む方がお得ですね!

また、ECCビジネススクールのFP講座にはFP3級だけを目指すコースは用意されていません。ただし、FP2級を目指す上記2つのコースには3級の内容が無料で含まれており、いきなり2級の勉強から取り組むのは自信がない、という方も安心して受講することができます。

ECCビジネススクールFP講座の合格率

続いて、合格率です。
合格率も皆さんが非常に気にされるところだと思います。

よっしー
よっしー
高いお金出すのに合格率低いのは嫌ですよね。

 

ECCビジネススクールのFP2級コース受講者のFP2級試験の合格率は、「全国平均の2倍以上」です。

日本FP協会が公表している2020年1月の2級FP技能検定の合格率は、学科試験と実技試験別の合格率はそれぞれ学科試験で41.86%、実技試験は62.61%です。

また、学科試験と実技試験を同時に受けた方の合格率は41.9%です。
2020年1月の試験では17,613名の受験者のうち、合格者は7,379名で半数以下の方が不合格となっていますね。

日本FP協会のホームページに詳細な記載がありますので気になる方はリンクをご確認ください。

 

つまり、全国平均の2倍以上ということはECCビジネススクールのFP講座受講者の2級試験合格率はだいたい80%以上であることが予想されます。

よっしー
よっしー
めちゃくちゃ合格率高い!

 

こんなに高い合格率を叩き出している講座であれば安心して受講することができますね。
ただし、1つ注意しなければならない点は、この合格率がどのように算出されたのかは不明であるという点です。

フォーサイトやユーキャンは合格率算出のために受講者へのアンケート調査を実施し、その回答から合格率を算出していますが、ECCビジネススクールでは合格率の算出をどのような方法で行なっているか分からないため、この点は注意が必要であると言えます。

とは言え、これまで万人の合格者を輩出している講座であることは間違い無いので、合格率の高さはECCビジネススクールのFP講座の最大の武器と言えるでしょう。

日本FP協会の認定教育機関であるか?

日本FP協会の認定教育機関であるかどうかも講座選びの際にチェックしておきたいポイントです。

というのも、FP2級試験を受験する際にいくつかの受験資格が定められています。
FP2級試験の受験資格は以下の通りです。

  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 3級FP技能検定の合格者
  • FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

 

つまり、普段会社でFP業務に従事している方を除く多くの方がFP2級取得を目指す場合、「日本FP協会が認定する研修を修了する」「FP3級試験に合格する」ことが必須となります。

ということで、できるだけ早くFP2級を取得したいという方にとって、日本FP協会認定の教育機関であるECCビジネススクールのFP講座を受講するメリットは大いにあると思います。

一方で、まずは3級から取得したい、ファイナンシャルプランナーの勉強は始めたいけど2級試験まで受けるかどうかは分からない、という方にとっては日本FP協会の認定教育機関であるかどうかはさほど重要ではなく、他の要素を重視して選ぶべきだと思います。

ECCビジネススクールのFP講座の学習スタイル

次に学習スタイルです。
ECCビジネススクールのFP講座では、FP3級とFP2級の内容に関する動画講義を合計で67時間分も提供しています。

また、紙媒体の教材はサブノート型テキストと過去問題集が4回分+確認テストが付いてきます。ホームページをのぞいてみるとわかる通り、テキストはモノクロで一見見栄えが悪いです。ただし、ここにはECCビジネススクールならではのこだわりがあるようで、ホームページにはこのように書いてあります。

 

自分で理解し、自分で書き込み、自分にとって重要だと思うところに自分でマーカーやアンダーラインを引かせるように敢えて安物くさいですがモノクロのテキストにしているんです。理由は単純です。 自分にとって覚えなければならない重要箇所は、必ずしもあらかじめ用意されたマーカーが引かれた箇所と同じではないはずだからです。

(ECCビジネススクールFP講座のホームページより引用)

 

よっしー
よっしー
こだわりを感じますね。。。

 

このように、ECCビジネススクールの講座は、紙媒体でテキストに自分で書き込みながら内容を頭に叩き込んでいくような学習スタイルが合っているという方におすすめと言えます。

逆に紙媒体での学習が苦手、スマホやPCでサクッと勉強したいという方にとってはECCビジネススクールの学習スタイルは合わないかもしれません。

質問に対するサポート体制

いくつかあるFP通信講座では受講者からの質問を受け付けるサポート体制を整えている講座がいくつかあります。ECCビジネススクールもその1つです。

しかし、受講者からの質問対応に回数制限を設けている講座も多くある中で、ECCビジネススクールのFP講座は、質問対応サポートに回数制限がありません。

電話、メール、FAXなどいずれの方法で質問しても対応してくれるという手厚いサポート体制となっています。

テキストや講義動画だけでは理解が深まらない、理解できない部分を専門スタッフに質問したい、という方にとって非常に心強い味方となってくれるでしょう。

ECCビジネススクールFP講座の受講期間は?

申し込む前に受講期間を確認しておくことが大切です。
目標とする試験が終了したら受講期間終了なのか、それともそれ以降も継続した学習ができるのかどうかは事前に確認しておくべきでしょう。

人気のFP講座を提供しているフォーサイトの受講期間は、申し込む際に目標とする試験が終了する前日までとなっています。

それに対して、ECCビジネススクールの受講期間は最大1年です。
1年間あればしっかりと勉強に取り組むことができると思いますので、安心して受講することができそうですね。

ただし、一般教育訓練給付制度を利用する場合、標準学習期間である3ヶ月が受講期間の目安となっているので、その点は注意が必要です。

一般教育訓練給付の対象講座であるか?

一般教育訓練給付制度って何?

そんな方が多いと思いますが、この制度について知りたいという方はこちらの記事を合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
教育訓練給付金制度とは?資格取得を目指す人は知っておきたい補助金制度 皆さんは、「教育訓練給付金制度」ってご存知ですか? これまで僕は知らなかったのですが、ファイナンシャルプランナーの...

ざっくり説明すると、新たな資格取得やキャリアアップを目指す方を対象に学習にかかった費用の20%がハローワークから給付される制度です。

この制度を利用できるのは、厚生労働大臣が指定した講座である必要があります。

ECCビジネススクールのFP講座は、この厚生労働大臣が指定した講座に含まれているため、所定の期間に講座を修了した場合、手続きさえ行えば費用の20%が後から戻ってきます。

ECCビジネススクールのFP講座はやく6万円〜7万円だったので、受講修了すれば12,000円〜14,000円は手元に戻ってくる計算になりますね!

せっかくなので利用しない手はないでしょう!

 

ECCビジネススクールのFP講座のまとめ

まずECCビジネススクールのFP講座を受講するメリットとしては、

  • 全国平均の2倍以上の高い合格率
  • 日本FP協会の認定教育機関であるため最短でFP2級取得を目指すことができる
  • 紙媒体のテキストに書き込むスタイルの学習方法が合っている方には○
  • 質問に何度でも回答してもらえる手厚いサポート体制

が挙げられます。

一方で、あえてデメリットを挙げるとすれば、

  • スマホやPCなどでサクッと学ぶことができる学習環境が十分とは言えない。
  • テキストに書き込むことを重要視した学習スタイルのため繰り返し繰り返し学習しにくい

といった点でしょう。

いずれにしても、多くの通信講座の中から自分に合ったスタイルのサービスを提供している講座を選ぶことが重要です。

この記事が、皆さんのFP取得のために参考になれば嬉しいです。